新型コロナウイルス感染症について

帰国者・接触者相談センター(088-602-8907)に相談する目安はこちらを参考にして下さい。
①発熱または風邪症状(軽い場合も含む)があり、かつ以下のいずれかに当てはまる方
・新型コロナウイルス感染症の人と濃厚接触(同居や2メートル以内の会話)があった方
・発症前14日以内に新型コロナウイルス感染症が確認された国に行った方
・発症前14日以内に新型コロナウイルス感染症が確認された国に行った人と濃厚接触があった方
・発症前14日以内にスポーツジムや介護施設、お祭りなど感染者が多発した施設・イベントに行った方
・発症前14日以内に感染者が多発した施設・イベントに行った人と濃厚接触があった方
②風邪の症状または37.5度以上の発熱が「4日以上」続く方(解熱剤を飲んで抑えている方も含みます)
※高齢、糖尿病・心不全・呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある、透析を受けている、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている、妊娠中の方は「2日以上」続いた場合になります
③強いだるさや息苦しさがある方

普通の医療機関の受診を勧められた場合でも「強いだるさや息苦しさがある方は」胸部の検査ができる内科などの受診をお勧めします。

風邪症状や熱のある(あった)患者さんは必ず受付でお申し出ください。発熱者用の問診表を書いていただき、医師が確認いたします。問診表の内容によっては当院での診察が行えない場合がございます。
待合ではなるべく間隔を開けお座りください。

新型コロナウイルスのPCR検査、帰国者・接触者外来への紹介は行っておりません。新型コロナウイルス感染症を疑う患者さんは帰国者・接触者相談センター(088-602-8907)にご相談ください。

コメント